芸能人御用達の横浜中華街No.1の行列店のスペシャルセット





野菜 餃子 レシピ

たっぷり野菜餃子

◆たっぷり野菜餃子の材料◆(4人分)

キャベツの葉 150g
 にら 1/2束
 たけのこの水煮 40g

 干ししいたけ 4個
 塩 適宜
 卵 小さじ1/2

 パン粉 大さじ4
 ごま油 大さじ1/2
 オイスターソース 大さじ1/2

 しょうがのみじん切り 大さじ1/2
 こしょう 少々
餃子の皮
(あれば大きめのもの) 20枚(1袋)

サラダ油 大さじ2
酢 適宜
しょうゆ 適宜

◆たっぷり野菜餃子の作り方◆

1 干ししいたけはぬるま湯に20分ほどつけてもどし、
石づきを取ってたけのことともにみじん切りにする。

キャベツはしんを除き、にらとともにみじん切りにし、ボールに合わせて塩をふり、10分ほどおく。

しんなりとしたらよくもみ、水けを絞る。
たねの材料をすべてボールに入れ、手でぐるぐると回す
ようにして、粘りが出るまでよく混ぜる。

2 たねを20等分にする。
餃子の皮にたねをのせて半分に折り、縁を水でぬらして留める。

両端を手前で合わせるようにして丸め、合わせ目を水で
ぬらして留め、真ん中をかるく押さえて平らにする。

残りも同様に包む(野菜から水けが出るので、焼く直前に包むようにして)。

3 フライパンにサラダ油を中火で熱し、餃子を重ならないように入れる(一度に焼けない場合は、1/2量ずつ焼く)。

焼き色がついたら、熱湯をひたひたに注ぎ入れ、ふたをして3〜4分蒸し焼きにする。

ふたを取って強火にし、水けがほとんどなくなったら、皿に盛る。

酢じょうゆ、ラー油をつけていただく。

時間30分、熱量185kcal、塩分0.7g(1人分)

by「オレンジページ」



鉄鍋 餃子 レシピ

鉄鍋餃子

いわゆる焼餃子です。
焼餃子と言っても、実際には鍋の中で蒸して、最後に底の皮を
パリッと焼くわけですから、焼き目をつけた蒸し餃子、
というのが本当のところだと思います。

中国だと鍋貼餃子と言いますね。
水餃子同様、市販の皮は使わず、やはり皮から手作りし、
「ぷるぷる、もっちり」に蒸しあげた皮のおいしさを
堪能したいものです。

◆鉄鍋餃子の材料◆(30個分)

<皮の材料>
薄力粉……50g
強力粉……150g
熱湯………100cc
塩…………小さじ1


<具の材料>
豚バラ肉……100g
キャベツ……200g
ニラ…………15g

干しエビ……大さじ1
ネギ…………5g程度
ショウガ……5g程度
※ニンニク…5g程度

 醤油………大さじ1
 酒…………小さじ1
 ごま油……小さじ1

 塩…………少々
 コショウ…少々
 お湯………適量

※皮の強力粉と薄力粉の比率は、好みで変えてもよいです。
強力粉が多いほどコシが強くなり、皮が破れにくくなりますが、その一方でこねるときに力が必要になります。

※餃子は皮のおいしさを味わう食べ物ですから、例えば
手打ちうどんの様に、小麦粉の品種にこだわってみるのも
いいかも知れません。

ここでは、薄力粉はホクシン、強力粉はハルユタカを
使いました。
いずれも国産小麦です。

ホクシンには甘みがあり、ハルユタカはもっちりと粘るような
感じが強いです。

※冬場ならキャベツの半量をハクサイに変えてもよいでしょう。
※中国ではニンニクは具には入れず、付けだれに入れたりします。
本場風にするならニンニクは入れずに作ります。

◆鉄鍋餃子の皮の生地を作る◆

まず、お湯を沸かします。
お湯が沸くまでの間に、強力粉と薄力粉の分量をはかり、
ふるい合わせてボールに入れます。

ボールに熱湯を加え、菜ばしでよく混ぜ合わせます。

さらに手で生地をまとめ、濡らして固く絞ったふきんをかけて
20分〜1時間ほど休ませます。




◆鉄鍋餃子の具を作る◆

生地を休ませている間に具を作ります。
干しえびはぬるま湯に浸けてもどしておきます
(蒸して戻せば味が流出せず、なおよい)。

キャベツをごく細かいみじん切りにします。
フードプロセッサーなどを使うとよいでしょう。

みじん切りしたキャベツは布巾に包んでぎゅっと水気を
絞ります。

豚バラ肉は、まずは小さなさいの目に切り、さらに包丁で
叩いて、細かくします。

ショウガ、ニラ、戻した干しエビ
(ニンニクを入れる場合はニンニクも)も
みじん切りにします。


ボールに肉とニラ、ショウガ、干しエビ
(もし入れるならニンニクも)、酒、塩、コショウ、醤油、

ごま油を入れて粘りが出るまでよく揉み、最後に
キャベツを加えて、さらに揉み込んで、具はできあがりです。


◆鉄鍋餃子の皮を作る◆

こね台に打ち粉をします。
休ませた生地を取り出し、掌底の部分でこね台に押し付ける
ようにして生地をこねます。

体重をぐっとかけるようにするとよいでしょう。

全体がつるりとした感じなるまでこねます。

生地を30個程度に切り分けます。
生地を3等分して、細長い筒形にし、それぞれを包丁などで
切って10等分にします。

切った生地を台に手のひらで押し付けて平たくします。

さらに麺棒で厚さ1〜2mm程度まで薄くします。
円形になるように、生地を回しながら伸ばしていきます。

専用の小さな麺棒を利き手で持ち、もう一方の手で生地を
回しながら伸ばすと効率よくできます。


◆鉄鍋餃子の具を包む◆

具を包んでゆきます。
まずは左側に皮、右側に具の入ったボールと水を入れた器を
置きます。

左手で皮を持ち、皮に具を載せたら、ふちに水をつけてまずは
軽く二つに折りたたみます。
(左利きの人の場合、すべて逆になる)

具を載せるのは、スプーンより、テーブルナイフや平らなヘラのようなものが使いやすいです。餃子専用のヘラも市販されています。

今度は、右手で右端をつまみ、左側の皮を右側に送って
押し付けるようにして、ひだを付けます。
同じ要領で右から左に順番にひだをつけていきます。


◆鉄鍋餃子の焼き方◆

スキレットやすき焼き鍋などの鋳鉄製の厚手の鍋を中火に
かけます。
なければフライパンでも結構ですが、分厚い鋳鉄鍋のほうが、

素人でも簡単に皮をパリッと仕上げることができるでしょう。
鉄鍋がじゅうぶんに熱くなったら、薄く油を塗り、餃子を
入れます。

餃子が半分ほどつかる位の量のお湯を入れてフタをし、
水分がなくなるまで、7〜8分ほど蒸し焼きにします。

水分がなくなったらフタを取り、お玉1/3ほどの
太白ゴマ油かサラダ油を餃子の上から回しかけます。

そのまま、皮がパリッとするまで2分ほど焼いて完成です。

酢醤油にラー油、みじん切りのネギ、ニンニク、ショウガを
入れたタレをつけて食べます。

by「男の料理」


「男の料理」ガイド:土屋 敦
大手出版社勤務を経て独立。食材の豊かな佐渡島へ移住。味噌、魚醤から、アンチョビ、ドライトマト、パンチェッタなどを自作し、様々な野菜を栽培し、半農半ライター的生活を送る。新聞、書籍、雑誌などで幅広く活動中。

れんこん 餃子 レシピ

れんこんと海老のぺったんこ餃子

さくっとした皮の中には、もちもちの蓮根と

ぷりぷりの海老が♪

スイートチリソースでいただきます。

◆れんこんと海老のぺったんこ餃子の材料◆(24個分)

海老 100g
 酒 少々
 塩 少々

 胡椒 少々
 れんこん 200g

☆オイスターソース 小1/2
☆マヨネーズ 大1
☆塩 少々

☆胡椒 少々
☆生姜 薄切り1枚
☆片栗粉 小1

餃子の皮 24枚
サラダ油 適量
スイートチリソース 適量


◆れんこんと海老のぺったんこ餃子の作り方◆
1
海老の殻をむいて、酒、塩、胡椒をふりかけてもみこみます。
しばらく置いたあと、粗めに刻んでおきます。

2
れんこんの皮をむきます。12枚分、2〜3ミリ幅で
スライスします。

さらに半分に切っておきます。
全部で24枚出来るようにします。
薄い酢水につけておいてください。

3
残りのれんこんは、すりおろします。

4
ボールに、海老とれんこんのすりおろしを入れます。
そこに☆を加えて、よく混ぜます。
(生姜は、すりおろしてください)

5
餃子の皮に、2のれんこんをのせます。

6
れんこんの上に、4の餡をのせます。

7
皮のまわりに水をつけて、ぺったんこに包みます。
(厚さは1センチ位です)

8
フライパンに、多めに油を入れて、中火でこんがり
きつね色になるように、両面焼きます。
揚げ焼きのような感じで♪

9
揚げたてを、スイートチリソースにつけていただきます。



◆ポイント

餡は、たくさん入れすぎないようにします。
すりおろしたれんこんの水分が多いときは、軽く水気を
きってください。

手順5のようにれんこんを皮にのせますので、れんこんの
大きさによって、皮の大きさを選んでください。
(レシピでは、普通の皮で作る分量になっています。)

by「かぐやひめのキッチン 」

白菜 餃子 レシピ

白菜のツナ餃子

具は白菜とツナだけのあっさり餃子です♪

ポン酢でどうぞ。

◆白菜のツナ餃子の材料◆(25個分)

白菜 2枚
塩 小1/2
ツナ缶 1缶

☆マヨネーズ 大2
☆オイスターソース 小1
☆片栗粉 小1

餃子の皮 1袋(25枚いり)
ゴマ油 適量


◆白菜のツナ餃子の作り方◆
1
白菜を細かく刻んで、ポリ袋に入れます。
塩をまぶして空気を抜くようにして10分ほどおきます。

2
1の白菜の水気をギュッと絞って、しっかり切ります。
そこに、汁気をしっかり切ったツナ缶と☆を加えて
よく和えておきます。

3
普通に餃子の皮に包みます。

4
フライパンにゴマ油をひき、餃子を並べて焼いていきます。
焼き目がついたら水100ccを入れ、ふたをして蒸し焼きに
します。


◆ポイント

白菜から水気が出ますので、しっかり切ってください。

◎このレシピの生い立ち

子どもたちに、白菜をたくさん食べさせたかったので♪

by「かぐらひめのキッチン」


チーズ 餃子 レシピ

チーズ餃子

◆チーズ餃子の材料◆(2人分)

牛肉(薄切り) 70g
スティックチーズ5本 5本
ザーサイ 少々

しょうが 少々
青ねぎ 少々
塩 少々

濃口醤油 小さじ1 1/2
みりん 小さじ2/3
たまねぎ 中1/3個

片栗粉 小さじ2
餃子の皮 10枚

◆チーズ餃子の作り方◆

1 牛肉の薄切りを細かく切る。

ザーサイ、しょうが、青ねぎ、塩、醤油、みりんを加えて
混ぜる。

2 たまねぎに片栗粉をまぶして1.に加える。

3 餃子の皮にチーズを1/2本のせ、具材とともに包む。

4 フライパンで焼く。

◆ワンポイントアドバイス

牛肉薄切りのかわりに牛ミンチを使ってもOK。

調理時間: 45 分
エネルギー: 272 kcal
塩分: 2g
※1人分あたり

by「Q・B・B」

キムチ 餃子 レシピ

キムチ餃子

◆キムチ餃子の材料◆(4人分)

市販の餃子の皮 20枚

豚ひき肉 150g

万能ねぎ 0.5束

卵 1個

ごま油 大さじ1

白菜キムチ 100g

塩 少々

◆キムチ餃子の作り方◆

1.すっぱくなったよく漬かったキムチを、大変身させましょう。

汁をギュッとしぼって、細かいみじん切りにします。
辛味と酸味が苦手な方は、洗って使っても、充分おいしさは
残っています。

2.いり卵は、フライパンにごま油をひいてポロポロにいり、
冷まします。
このごま油も肉の粘りをおさえる役割があります。

3.万能ねぎは1cmほどに刻みます。

4.ボールに材料を入れ、塩ひとつまみ加えて、よく
混ぜ合わせます。

5.皮に包んで焼き餃子に。あるいは水餃子にしても、いけます。


◆ポイント
餃子のあんは、口の中でホロリとくずれるくらいが美味。
キムチといり卵を入れるのは、ひき肉の粘り気をソフトに
するための工夫です。

”我が家の餃子”のレパートリーに、加えてください。


by「韓国料理レシピ」

しそ 餃子 レシピ

しそ入り餃子

◆しそ入り餃子の材料◆(24個分)

餃子の皮…24枚
(市販のものでもよいが、出来れば「基本の皮の作り方」で
 作った皮が望ましい。) 
豚ひき肉…150g
キャベツ…150g

しその葉…20枚
ねぎ…5cm
にんにく…1かけ

サラダ油…大さじ1
調味料類:酒…大さじ1
しょうゆ…大さじ1/2

塩…小さじ1/4
ごま油…小さじ2
こしょう…少々

◆しそ入り餃子の作り方◆

1.キャベツはラップに包んで、電子レンジで3分加熱して
冷ます。
みじん切りにして、水気を絞る。

2.ねぎ、にんにく、しょうが、8枚のしその葉を
みじん切りにする。

3.ボウルにひき肉、キャベツ、2の風味野菜、上記の
調味料類を入れてよく混ぜる。

4.12枚のしその葉を縦半分に切り、24枚にする。

5.餃子の皮にしその葉を乗せ、3のあんを包む。

6.フライパンに油を熱し、餃子を3分ほど焼く。

熱湯100cc(餃子12個につき)を注ぎ、ふたをして
1分半ほど蒸し焼きにする。

水気がなくなれば出来上がり。

by「餃子組合」


納豆 餃子 レシピ

納豆餃子

納豆、あさつき、餃子の皮があれば、作れます

☆ 包んであとは揚げるだけ〜。20分あれば出来ます☆

◆納豆餃子の材料◆

納豆 2パック
豚のひき肉 200グラム前後
あさつき 適当

餃子の皮 30枚
油 揚げれるくらい。


◆納豆餃子の作り方◆

1 豚のひき肉、あさつき、納豆とパック入ってるついてる
 しょうゆを入れて混ぜる。

2 1で混ぜたものを餃子の皮にのせて、包む。

3 油で揚げる。茶色になるまで揚げるのが良し。


◆メモ(コツ、ポイント)

これだけでは、材料が少ないっていうなら、白菜とか
入れてもOK!! 結構美味しかった!!!

◆このレシピの生い立ち

納豆が食べれないあたしですが、そんなあたしのために
母ちゃんが作ってくれました。
これはほんまに食べれましたねぇ。

うちの派遣さんに教えて、早速作ったらしく。
子供さんにも好評だったとか☆☆

納豆をそのまま食べるのには抵抗が・・・って方に
オススメです。

by「gos4mw」

豆腐 餃子 レシピ

豆腐餃子

◆豆腐餃子の材料◆

ニラ 1束
木綿豆腐 1/2丁
白菜 220g(約3枚)

豚挽き肉 100g
しょうゆ 大さじ1/2
ごま油 大さじ1

にんにくすりおろし ひとかけ
しょうがすりおろし ひとかけ
塩 適宜

こしょう 少々
餃子の皮(大判タイプ) 26枚

◆豆腐餃子の作り方◆

豆腐は水切りしておきます。
白菜は、粗いみじん切り、ニラは7ミリ程度に切ります。

白菜は塩を振り、しばらく置きしんなりとさせ、手で
絞って水気を出します。

ボウルに豚挽き肉を入れ、粘りが出るまで、よくこね、
塩、こしょう、しょうゆ、ごま油、すりおろしたしょうが、
にんにく、豆腐をくわえて混ぜます。

ニラ、白菜を加えて混ぜます。

皮の中央に具をのせて、皮の手前に水をつけて、
ひだを寄せながら包みます。

フライパンに油を大さじ1熱し、餃子を並べて中火で焼きます。
焼き色がついたら、なべの1/3くらいの湯を注いでフタをして、水気が少なくなくなるまで蒸し焼きにします。

しばらくして焼ける音が変わってくるのでフタを開け残りの
水分を飛ばすように焼きます。
残りも同様に焼きます。


◆キッチンメモ

お肉を少し減らして、お豆腐を加えたソフトな豆腐餃子です。
ニラもたっぷり入ってます。

お肉と豆腐の割合、肉を減らしすぎても、食べたときに
物足りないので、ぎりぎりの割合にしています。

これなら、味は、普通の餃子だけど、豆腐入りの
ヘルシーな餃子として楽しめます。

餃子の皮は紙を広げた上に、軽く片栗粉をふって、
一度にすべて並べて、その上にスプーンで具をのせていくと、
分かりやすくて、包むスピードもアップします。

◆マジカルメモ

餃子の皮が余ったら、どうしましょう?
チーズやバナナを包んで揚げれば、おやつやおつまみに。

青海苔を振ってオーブントースターで焼けば、おせんべいに。

切って、スープに入れれば、ワンタン風。
ミネストローネなどの洋風スープに入れてもおいしいですよ。

生春巻きの皮が余ってしまったり、砕けてしまったときも、
スープに入れると、ワンタン風の立派な具になってくれます。

by「マジカルキッチン」

手羽先 餃子 レシピ

手羽先餃子

最近、手羽先が見直されているらしい。

コラーゲンを多く含んでいるらしくお肌にいいらしい。

以前から一度作ってみたかったメニューであったが骨を
取るのが難しいのであきらめていたが簡単に取る方法を
教えてもらったので作ってみた。

大変美味しく出来た。お勧めである。

◆手羽先餃子 の材料◆

手羽先 5本個
豚挽肉 100g
玉ねぎ 1個

白菜 1/4個
醤油 適量
砂糖 適量

塩 適量
味醂 適量
胡椒 適量

お酒 適量
たかの爪 半本

◆手羽先餃子の作り方◆

1・手羽先の骨を取ります。
     
ふきんなどの上に手羽先を立てて一気に降ろします。
ちゃんと説明すると手羽先の食べる部分大きいほうですね。
それを立てます。

L字型になるはずです。
Lのたてぼうが食べる部分です。
その肉の部分をしっかりもって一気に降ろして下さい。
     
すると骨が2本でるはずです。
その骨を取って下さい。
骨を取ると袋状になります。

そこに餃子の中身をつめます。

2・玉ねぎをみじんぎりにします。

3・白菜をこまかくきります。

4・豚肉と2と3を混ぜ、塩・胡椒してよくこねます。

5・4を手羽先につめます

6・鍋に醤油と砂糖、塩、たかの爪、味醂、お酒を入れます。
  温まったら手羽先を入れて火が通るぐらい煮ます。

7・餃子に火が通ったら焼き目が付くように焼いて下さい。

これで美味しい手羽先餃子の出来あがり。

この料理のポイントは手羽先を煮る所ですね。

手羽先を煮なくても別に良いかもしれませんが煮たほうが手羽先に味が染みて美味しいですし焼きが簡単にすみます。
手羽を煮る時は自分の家の味で煮て下さい。

煮なくても蒸してもいいと思いますが手羽先に味を
つけたほうがやっぱり美味しいです。

by「手羽先餃子」

揚げ 餃子 レシピ

茄子の揚げ餃子

今日は旬の茄子を使って、茄子の揚げ餃子をご紹介します^^

茄子は油との相性も抜群で、てんぷらにするととっても
美味しいですよね♪

いつもは茄子にお肉を詰めたなすとひき肉の旨煮 を
よく作るのですが、今回はちょっと目先を変えて、
中に餃子の具を詰めててんぷらにして揚げてみました^^

先日大好きなお友達YOMEちゃんがとっても
美味しそうな紫蘇餃子を紹介されてたので、今回は
中の具にYOMEちゃん風に大葉をたっぷり入れて作ってみました♪

てんぷらのサクっとろっとした食感の茄子の中から、じゅわっと広がる大葉の風味がぴったりで、夫にも大好評♪

ビールにもぴったりの一品ですよ〜♪是非お試しあれ〜*^^*

◆茄子の揚げ餃子の材料◆

★茄子    3本
★豚ひき肉  100グラム
★ごま油   小さじ1

★ラード   小さじ1〜1/2(なくてもOK)
★白菜(キャベツでも)100グラム(茹でてみじん切り)
★大葉    15枚(みじん切り)

★生姜    少々(みじん切り)
★ 醤油   小さじ1
★ 塩    少々

★ 片栗粉  適量
★ てんぷらの衣  適量(すこしかため)
★サラダ油  適量

―つけだれー

★醤油    100cc
★酢     50cc
★酒     50cc

★ごま油   25cc
★ もみじおろし 適量
★ ねぎ    適量

◆茄子の揚げ餃子の作り方◆

1. 白菜は茹でてさまし、みじん切りにして水気を絞ります。
大葉・生姜を 全てみじん切りにします。

2. 豚ひき肉にごま油とラードを加えよく混ぜてから、
(1)の野菜を全て合せ、醤油小さじ1・塩少々加えよく
 混ぜ合わせます。

3. なすを縦に二つ切りにし、根もとを切り離さないように
切り込みを入れます。

4. なすの切り口に片栗粉を付け(2)の具を詰め、
爪楊枝で2箇所ほど刺します。

5. てんぷらより少しかたい目の衣を付け、約170度で
じっくり揚ます。

6. (5)のてんぷらの楊枝を抜き、切り分け器に盛ります。

7. つけだれを全て合せ、もみじおろしとねぎを添えて
   できあがり♪

★お好みでにんにくを具に加えても美味しいです♪

by「YUKAの美味しいレシピ 」

水 餃子 レシピ

ニラたっぷり水餃子

◆ニラたっぷり水餃子の材料◆(4人分)

・豚ひき肉:200g
・ニラ:1束
・長ネギ:1/2本
ショウガ、ニンニク:各1片

・塩、こしょう:少々
・お酒:大さじ1
・しょうゆ:大さじ1/2

・ゴマ油:小さじ2
・餃子の皮:40枚
・水:適量

・酢またはポン酢:お好みで

◆ニラたっぷり水餃子の作り方

・ニラは細かい小口切り、長ネギとショウガ、ニンニクは
みじん切りにします。

・豚ひき肉と水、おさけ、塩、こしょう、しょうゆ、ゴマ油を
粘りが出るまで混ぜます。

次に長ネギ、ショウガ、ニンニク、ニラを加えてよく
混ぜ合わせます。

・ラップをかけて冷蔵庫で2〜3時間寝かせましょう。

・焼き餃子のときと同じ要領で皮に具を包みましょう。

・沸騰したたっぷりのお湯に餃子を入れて、1〜2経って
浮き上がってきたらすくい上げて出来上がり。

・酢醤油かポン酢で食べましょう。

by「餃子 レシピについて」

変わり 餃子 レシピ

エビと茶葉の揚げ餃子

◆エビと茶葉の揚げ餃子の材料◆(4人分)

・ブラックタイガー:10尾
・卵:1/2個 茶葉:大さじ1
・餃子の皮:40枚

(調味料)

・塩:少々
・砂糖:大さじ1
・おさけ:大さじ1

◆エビと茶葉の揚げ餃子の作り方

・フードプロセッサーを使って、茶葉を粉末状に
しておきましょう。

・ボウルに細かく刻んだエビを入れて、卵と調味料で和えます。

・そこに茶葉を加えて、よく混ぜ合わせましょう。

・できた具を餃子の皮で包みましょう。

・低い温度の油に餃子を入れます。

・おたまで油と餃子をかき混ぜるようにしながら、
ゆっくり揚げていきます。

・こんがりキツネ色になって、浮き上がってきたら出来上がり。

by「餃子 レシピについて」

変わり 餃子 レシピ

変わり餃子

豚挽き肉と、冷蔵庫の中のあまった野菜があれば、
すぐ出来てしまう餃子。

だれでも手軽に作れて、だれからも好かれているメニューです。
いろんな人がそれぞれの餃子メニューを持っていると思います。

ここに載せた中にも私が考えたものでないものもあります。

いつもの餃子にひと工夫。
他人とは違うものを作ってみましょう。

◆絶対おいしい編

1)餃子の具の中にニンニクを入れずに生姜を入れる。

→これは絶対一度試してみてください。
翌日ににおいも残らないし、さっぱりしてて女性向けです。

2)餃子の具の中にシソ、ミョウガなどの香りの強いもの、
バジリコなどのハーブを入れる。

→これは肉の臭さが苦手という方にもおすすめ。
なにか一つ香りの強いものをいれてあげると、ひと味違う
餃子が楽しめます。

3)餃子の具をとろけるスライスチーズでくるんで包む。

→一気に餃子を洋食に変えてしまうテクニックです。

ラビオリのような、ピザのような・・・子供にも好かれる
変わり餃子界不動の人気ナンバーワンです。

4)餃子の具の真ん中にゆでたウズラの卵をいれる

→ボリュームたっぷりのこれは男性や子供向け。
スコッチエッグを餃子に包んでしまったようなものです。

ウズラの卵が周りの肉と絡まると、濃厚な味に変身します。

5)餃子の具にカレー粉をまぶす。

→こんどは餃子を一気にエスニックの世界へ持っていきます。

ちょっとでも料理をする方なら、これがおいしいことは
すぐに想像できると思います。

是非作ってみてください。

◆LET’S TRY編

1)豚挽き肉を鳥挽き肉に変えてみる。

→ちょっと固くなってしまうかもしれませんが、カロリーが
かなり落ちます。

餃子はおいしいけれどカロリーがかなり高いので、気になる
方は是非これを試してみてください。

2)挽き肉と豆腐を1:1で入れてみる。

→1)と同じでヘルシーな餃子になります。
ただし、豆腐は混ぜる前に、必ずざるに上げて、
キッチンペーパーなどで水を切っておいてください。

水をきらないと、皮に包むときに水が多すぎて皮が
切れてしまうかも。

3)具をとろけるチーズだけにする。

→これは意外とおいしいので、私としてはイチオシかも。

おかずと言うよりはお酒のおつまみに最適かも。
ビールを用意してどうぞ。


◆チャレンジャー編

1)豚挽き肉を鰯つみれにしてみる。

→カルシウム不足の人にはばっちりです。
鰯臭さもニラを入れることで解消します。
魚が嫌いな人でも抵抗なく食べれると思います。

2)餃子の具の中に豆板醤を入れる。

→刺激たっぷりの餃子ができあがります。
ただし、食べる前に必ず豆板醤入りであることを
忘れないでください。

ラー油の入ったたれに浸けたら・・・・口から火を噴く
ことになりますよ。

by「餃子レシピ」

スープ 餃子 レシピ

ロシア風スープ餃子

とにかく野菜がたっぷり食べられます。

じっくり煮込むほど牛肉は柔らかく味も良くなり、
たまねぎ、きゃべつ、かぶがトマトベースのスープ味に
ほくほくの柔らかさで美味しいです。

主役となる餃子は煮込みすぎには注意です。
ほうれん草とマッシュルームの組み合わせはさっぱりした味
にもコクがありました。

粉チーズとクレマトップがかくし味になっています。
マギーブイヨンで煮込めば本当に美味しいスープが作れますね。ロシア風餃子スープは具だくさんで大満足です。

たくさん食べてもヘルシーなスープです!

◆ロシア風スープ餃子の材料◆

サラダ油 大さじ1杯
牛肉【カレー用】(一口大に切る) 150g
玉ねぎ(スライス) 100g

(A)

┌ かぶ(くし形切り) 2コ
│ キャベツ(ざく切り) 150g
│ 水 1リットル
│ マギー ブイヨン 3コ
│ ホールトマト(缶) 220g
│ トマトケチャップ 大さじ2杯
└ こしょう 少々
ほうれん草(ゆでる) 150g

(B)

┌ マッシュルーム(みじん切り) 50g
│ 粉チーズ 大さじ1杯
│ こしょう 少々
└ ネスレ クレマトップ 大さじ1杯
ぎょうざの皮 24枚

◆ロシア風スープ餃子の作り方◆

1. 鍋にサラダ油を熱し、牛肉に焼き目をつけて取り出し、
その鍋に玉ねぎを加えてしんなりするまで炒めます。

2. 1.の鍋に(A)と牛肉を戻し入れ、煮立つとふたをして
20分程弱火で煮込みます。

3. ほうれん草はかたくしぼり、5mm長さに切り、
(B)と合わせてよく混ぜ、ぎょうざの皮で包み、
2.に加えて火が通るまで煮ます。

◆ポイント

・焼き目をつけるとは、フライパンや網で焼いた時、食材の
表面を料理に応じた焼き色まで焼くことです。

焼き色をつけるとは、焼き目をつけることの別の言い方です。
ほとんどの場合、見た目にもおいしそうなこんがりとした
キツネ色に焼き上げます。

・しんなりするまでとは、玉ねぎやにんじんなどの野菜を
炒める時の炒めかげんを示すことばです。

文字通りしんなりやわらかくなるまで炒めることですが、
目で見ただけではわかりづらいものです。

「しんなりするまで」を見極める目安は、玉ねぎなどは
すきとおるまで炒めたあと、ちょっとクタッとしてきた時に
火を止めるとよいでしょう。

・煮立てるとは、水や煮汁を入れた鍋を強火、もしくは
中火にかけて、上面が泡立つ程度にグラグラと沸騰させる
ことを言います。

煮物の場合、煮立ったまま煮続けると、ふきこぼれたり形が
崩れたりして焦げやすくなるので、いったん煮立ったら
上面がフツフツと波打つ程度の火加減に弱めて煮立てます。

・煮込むとは、材料が浸るくらいの煮汁で、材料の持ち味と
煮汁が一つになるように弱火、もしくはとろ火で時間を
かけて煮ることです。

軽く煮込むとは、材料の持ち味を残したまま、材料に
煮汁の味が薄くしみ込む程度に煮ます。

by「ロシア風スープ餃子(ギョウザ)」

野菜 餃子 レシピ

菜の花の餃子

菜の花のほろ苦さを生かしながら、マイルドにする、
魚介の自然な甘み。

◆菜の花の餃子の材料◆(40個分)


菜の花 1束
むき海老 150g
帆立貝柱 150g

調味料
  こしょう 少々
  酒 大さじ1
  しょうが (すりおろし) 大さじ1/2

  鶏ガラスープ (素) 小さじ1/2
  塩 小さじ1/3
  片栗粉 大さじ1

  サラダ油 小さじ1+1/2
  ごま油 大さじ1

◆菜の花の餃子の作り方◆

1. むき海老の背わたなどを取り除き、包丁の腹でつ
ぶしてから粗く刻む。
貝柱も同様に。

2. 菜の花をさっと湯通しし、水にさらす。
水気を絞って細かく刻む。

3. ボウルに1.と2.を入れ、調味料を一つずつ順に混ぜ、
菜の花を混ぜ合わせる。


●わさびのたれ

おろしわさび大さじ1を黒酢大さじ3、醤油大さじ1/2で少しずつ溶きのばし、ごま油大さじ1を混ぜる。

ほろ苦さが持ち味の菜の花には、和の辛み・わさびを。

“日本の春”を象徴する組み合わせ。

by「料理研究家ウー・ウェンさん」


焼き 餃子 レシピ

もっちり焼き餃子

皮から作るもちもちの食感がたまらない!

◆もっちり焼き餃子の材料◆(4人分)

[皮]

 強力粉 … 200g
 ドライイースト … 2g
 砂糖 … 小さじ1
 ぬるま湯 … 100ml強

[具]

 豚ももかたまり肉 … 150g
 エビ … 3〜4尾
 塩(エビ用) … 小さじ1

 片栗粉(エビ用) … 小さじ2
 キャベツ … 1/8個
 ニラ … 1/2〜1束

 塩(キャベツ、ニラ用) … 少々
 白ネギ … 1本

[合わせ調味料]

 土ショウガ汁 … 1片分
 酒 … 大さじ1
 塩コショウ … 少々

 ゴマ油 … 大さじ1
 片栗粉 … 大さじ1.5

打ち粉(強力粉) … 適量
サラダ油 … 適量
ゴマ油 … 小さじ2

[つけダレ]

 酢 … 適量
 しょうゆ … 適量
 ラー油 … 適量


◆もっちり焼き餃子の作り方◆

1. <皮>の下準備をする。
ボウルに強力粉、ドライイースト、砂糖を入れ、ぬるま湯の
半量を加えて菜ばしで混ぜ合わせる。

残りのぬるま湯を加え、更に粉っぽさがなくなるまで
混ぜ合わせる。
手でボウルの粉を取りながら力を入れてこねる。


2. 生地が手につかなくなったら、薄くサラダ油をからめて、
固く絞った濡れ布巾で包む。
温かなところで20〜30分寝かせる。
(餃子の皮は、市販品でもOK)


3. 豚肉は包丁で細かく叩いて冷蔵庫に入れておく。

エビは殻と背ワタを取り除き、塩でもんで片栗粉を加えて
更にもんで、ぬめりが出てきたらきれいに水洗いして水気を
拭き取り、粗く叩いて冷蔵庫に入れておく。

キャベツはみじん切りにし、ニラは細かく刻み、各々塩をからめ、水気が出たら絞る。白ネギは粗いみじん切りにする。
<合わせ調味料>を混ぜ合わせておく。


4. ボウルに豚肉、エビ、キャベツ、ニラ、白ネギ、
<合わせ調味料>を加えて練るようによ〜く混ぜ合わせて
冷蔵庫に入れておく。


5. 台に打ち粉を軽く振り、寝かせておいた<皮>を手で
転がしながら、長さ20cm位の3〜4本の棒状にのばす。
1本を10等分に切り分ける。


6. 打ち粉をして切り口を上にして手のひらで丸く押しつぶし、麺棒で直径8cm位にのばす。
この分量で30枚くらい作ると、厚めでもちもち感がより出ます。ひかえめもちもちにしたい場合は40枚くらい作ってもいいですね。


7. 皮に(4)をのせてヒダを取りながら包む。
市販の皮に比べてよく伸び、水をつけなくてもくっつきます。

餃子は作ってから時間がたつと、水分が出てくっつくので、
乾いたふきんに並べ、皮が乾かないように、上からも
ふきんを掛けておいて下さい。


8. フライパンにサラダ油を薄く敷き、強めの中火で熱し、
餃子を並べて底がこんがりと焼けるまで1〜1.5分焼く。

餃子が1/3つかる位まで分量外の熱湯を加える。


9. すぐに蓋をして、弱めの中火で約6〜7分蒸し焼きにする。
次に蓋を取って強火にし、水気を完全に飛ばし、最後に
ゴマ油を加えてカリッと焼く。

お好みに合わせた<つけダレ>をつけていただきます。



◆ポイント

<皮>をフードプロセッサーで作る場合

フードプロセッサーに練り用の刃をセットして強力粉
ドライイースト、砂糖、水80mlを入れ、カバーをして

スイッチを入れたり切ったりし(パルス)し、全体に
ポロポロとした状態に撹拌する。

次は連続して30秒位回転させていったん生地を混ぜ合わせ、
少し水を足してひとまとめになる位まで、更に20秒位
回転させる。

練り上がった生地はひとまとめにして丸め、
フードプロセッサーに戻し、モーターの熱を利用して休ませる。容器にラップを掛けて下さい。

by「Yahoo!グルメ」

焼き 餃子 レシピ

本格的焼き餃子

パリッとした皮の食感と、中から出てくるジューシーなあんを
楽しむ。

香ばしい焼き色が食欲をそそる餃子の作り方。

◆焼き餃子の材料◆
(15個分)

餃子の皮…15枚(今回は市販品を使用)

豚ひき肉…200g  玉ねぎ…1/4

しょうが…1かけ    にら…1/2束 
  
キャベツ(白菜でもよい)…2枚 

にんにく…1かけ(お好みで使用してください)

塩…こさじ1/2  サラダ油…おおさじ1

・あんの調味料

こしょう…少々 酒…大さじ1 醤油…大さじ1/2 

ごま油…大さじ1 砂糖…少々

・つけダレ

醤油…適宜  酢…適宜  ラー油…適宜  

柚胡椒…適宜(好みで使用)

◆焼き餃子のあんの作り方

キャベツ(又は、白菜)は水洗いし、熱湯でさっとゆでてみじん切りにし、キャベツの水けをふきんなどで包みよく絞っておく。

「コツ」よく水けを絞ること、しっかりと水けを絞らないと水っぽいあんになってしまう。

玉ねぎはみじん切りに、しょうがはすりおろしておく、にらは水洗いをして、長さ1cm程度に切る。

ボウルに豚ひき肉と塩を入れ、粘りがでるまでよく練り、(あんの調味料)を加えてさらに練る。

参考」 豚肉は粗挽肉で脂身の比率3割程度を使う。

3に1のキャベツ(白菜)と2の玉ねぎ、しょうがおろし、にらを入れ、混ぜ合わせひとまとめにする。

「参考」 このみで、あんに、すりおろしたにんにくを入れてもよい。

「包んで蒸して焼く」

「コツ」 焼く前にフライパンを強火で煙が出るまで空焼きする、これをすることで食材がフライパンにくっつかない。
(鉄なべだけ)

「コツ」 水を入れるのではなくお湯を入れる!
お湯は餃子が少しつかる程度に入れる。

「コツ」の「コツ」蒸し方

◎水から入れると水が沸騰する間、水と皮がくっついている
時間が長いため、その分ベタベタとなる。

お湯を入れたら蓋をして火を全開にする。

◎水が無くなるまで、ダラダラと焼かない。
◎余ったお湯は捨てる。
◎蒸時間(目安時間) 

生餃子……2分   (参考)冷凍餃子……4分


2の蓋を取り、仕上げにサラダ油少量をたらして、
中火にしてこんがりと焼き色がつくように焼き上げる。

「参考」 仕上げに水溶き片栗粉を餃子の周りにかけて焼くと、皮がパリパリになる。

「参考」 餃子は裏、表の両面は焼かない、出来上がるまで最初の並べた状態のまま。

焼き上がったら、焼き色を上にして皿に盛り、(つけダレ)を
添えいただく。

「参考」 つけダレに柚胡椒を混ぜればピリッと引き締まった
味になります。

☆ 具材をいろいろ代えて作てみてください。

       以上 餃子作りの参考になると幸いです。


br「雲龍亭」

焼き 餃子 レシピ

カリカリ焼き餃子

◆焼き餃子の材料◆(4人分)

餃子の皮 … 40枚
豚ひき肉 … 150〜170g
白菜 … 1/6個

白菜にもみ込む塩 … 小さじ1
ニラ … 1束
ニラにもみ込む塩 … 少々

[合わせ調味料]

ショウガ汁 … 1片分
酒 … 大さじ1
塩コショウ … 少々

しょうゆ … 大さじ1/2
ゴマ油 … 小さじ2
片栗粉 … 大さじ1.5

サラダ油 … 適量

[つけダレ]

酢 … 大さじ2
しょうゆ … 大さじ2
ラー油 … 適量

◆焼き餃子の作り方◆

1. 白菜はみじん切りにして塩でもみ、約10分位おく。

水分が出たらきつめに水気を絞る。
ニラは細い小口切りにして塩でもみ、水分が
出たら水気を絞る。


2. ボウルに豚ひき肉、白菜、ニラ、<合わせ調味料>の
材料を入れ、よく混ぜ合わせる。


3. 餃子の皮を手に取り、2の種を大さじ1位のせ、皮の
フチに水をグルッと薄く塗り、しわをよせながら包む。


4. フライパンにサラダ油を中火で熱し、餃子を並べて底がこんがりと焼けるまで焼く。


5. 熱湯を餃子が1/4つかるくらいまで入れ、強めの
中火にかける。
蓋をして弱めの中火で約3〜4分蒸し焼きにする。


6. 蓋を取り、強火にして底の水気を完全に飛ばす。
サラダ油を少量、縁から流し入れ、カリッと焼き、
焼き面を上にして盛り<つけダレ>をつけていただく。



◆ポイント

エビを軽く叩いて一緒に混ぜ合わせると、プリプリした
食感が加わり、美味しいですよ。

餃子は作ってから時間がたつと水分が出てくっつくので、
乾いた布巾の上に薄く片栗粉を敷いて並べ、皮が
乾かないように上からも布巾を掛けておいて下さい。

餃子を作った日に食べない場合は、作ってすぐラップに
包んで冷凍にしておくと保存もききます


by「Yahoo!グルメ」

えび 蒸し 餃子 レシピ

えび蒸し餃子レシピ

◆えび蒸し餃子の材料◆

浮き粉を使った透き通った皮ですが、面倒な時は
普通の餃子の皮を使ってください。

中身の材料(小さいえび餃子32個分)
えび 225グラム (皮を除き、みじん切りにした重さ)
たけのこ 50グラム
(みじん切りにして約大さじ3+1/2)

醤油 小さじ 1/2
塩 小さじ 1/4
酒 小さじ 1

白胡椒 小さじ 1/8
胡麻油 小さじ 1/2
おろししょうが 小さじ1/4

コーンスターチ 大さじ1
卵白身 1個分
ねぎ(わけぎ・あさつき・万能ねぎ) 大さじ1

◆中身の作り方◆

全てをみじん切りにして、調味料も混ぜる。



皮の材料(32個分)

にらえびまんと同じ分量ですが、
えび餃子の場合は皮は薄く小さく作った方が美味しいです。

小麦澱粉(Wheat Starch)又は貫雪粉(浮き粉) 
*参照 150グラム 

タピオカ澱粉(Tapioca Flour,又はTapioca Starch) 
30グラム(無い時は30グラムの片栗粉で)

塩 小さじ1/2
熱湯 225cc
サラダオイル 小さじ1


◆皮の作り方◆

中サイズのボールに
小麦澱粉 150グラム、
タピオカ澱粉 30グラム(無い時は片栗粉で代用する)、
塩 小さじ1/2を混ぜ合わせる。

そこに熱湯 225ccと、サラダオイル 小さじ1を
入れ、手早くヘラで混ぜ、熱いうちに粉をふった台に出す。


熱いうちにすばやくお餅のように表面がスムーズで、
触った時軟らかく、指にくっつかない状態に
なるまで、捏ねる。


4つに分割し、それぞれ20cm(8 inch) の棒状に
なるまで手のひらで伸ばす。

それをさらに8つに分割して、乾燥しないように、
ラップで覆う。 

トータルで32個分の皮。


ワックスペーパーかベーキングペーパー
(Parchment Paper)を四角に切り(2枚) サンドイッチの
ように生地をはさんで上から平たいもの

(お鍋でも、包丁でも)を使って押さえると、殆ど
完璧な円形になる。

それを麺棒でさらに薄く直径10cmから11cmまで広げる。
フィリングを作る間、乾燥しないようにラップで覆う。

7〜8のひだを入れる。
皮の周り1/3はひだを入れないでおく。

入るだけ(小さじ2/3くらい)の中身を皮の端に
つかない様に入れる。 
端が半円形を描くようにしっかりと閉じる。
平たい台の上で少し押さえつける様に底を平らにする。

ふきんを敷いた蒸し器に並べて、沸騰したお湯で7分蒸す。
蒸し終えたら、火からはずしても数分は蒸し器から
取り出さない。

蒸し餃子ですが、蒸す代わりに普通の餃子の様にフ
ライパンで炒めて蒸しても美味しいです。

熱いうちにチリソースとお醤油でお召し上がりください。

by「えび餃子の作り方」



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。