芸能人御用達の横浜中華街No.1の行列店のスペシャルセット





水 餃子 レシピ

水餃子

◆水餃子の材料◆
(40個分)


・強力粉 300 g
・水   140 mL
・豚のひき肉(または冷凍のエビ) 200 g

・白菜(またはキャベツ)300 g
・ニラ 1 束(多めでも可)
・しょうが  1カケ

・ニンニク 適量(お好みで)
・しいたけ 適量(お好みで)
・日本酒

・ゴマ油
・ラード

皮から作ります。

◆水餃子の作り方◆

◆皮を作る

1. 大きなボールに粉を全部入れ、分量の水を少しずつ
加えながら、手のひらで押し付けるようにして、
丸くまとめる。

2.大体まとまってきたら、まな板の上でさらによくこねる。
 (電気パン焼き器がある人は1−2の工程を機械でやれば楽)

3.生地がなめらかになったら、約40センチ位の筒状にし
ラップで包み、30分間ねかせる。(この間に具を作る)

◆具を作る

4.白菜(キャベツ)を細かく刻み、塩を大さじ山盛り
1杯ふってもみ、水にさらしてからフキンにつつんで
よく水分をしぼる。

5.ニラは細かく切る。ねぎ、しょうが、(ニンニク)
(しいたけ)はみじん切り。

6.ボールにひき肉(またはつぶしてたたいたエビ)
刻んだニンニク、ネギ、しょうが、しいたけを入れる。

そこへ、しょう油(大サジすりきり2)、塩(小さじ山盛り1)、日本酒(大さじ山盛り1)、ゴマ油(大さじ山盛り1)

ラード(大さじすりきり2)、化学調味料をいれ、
肉に味をしませる。

7.ニラを入れて混ぜ、最後に白菜を入れる。

◆皮の完成

8.こねた粉を直径2センチくらいの筒状にのばす。

9.さっと打ち粉(小麦粉または片栗粉)をした
まな板の上で、約40個になるように包丁で切る。
長さは約1.5センチ。ちぎらないで切ること。

10.1個1個の切り口を手で押して平らにする。

11.小さなメン棒(小さいのがポイント)で、
直径10センチ位の円形に薄くのばす。
打ち粉を少なめにつけておく。

◆具を包む

12.手に皮をとり、スプーンで具をすくって、
皮の真ん中にのせる。

13.皮を二つに折ってまず真ん中をくっつけ、
次に両端をつけ、あとはヒダをとり全体を包む。

◆ゆでる

14.たっぷりのお湯をわかす。
お湯に入れ、約5分間ゆでる。

ゆで上がると浮いてくるので、穴あきオタマで
すくって水気を切る。
ゆですぎないこと。

15.味がついているので、熱々をそのままどーぞ。

好みで、酢やしょうゆ、カラシ、ラー油をつけてもよい。

by「日記から」


           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。