芸能人御用達の横浜中華街No.1の行列店のスペシャルセット





変わり 餃子 レシピ

変わり餃子のレシピ

豚肉とエビのたっぶり入った焼き餃子!

もちもちの皮は手作りならでは!

野菜もたっぷり。

◆変わり餃子の材料◆(4人分)

[皮]

強力粉 … 250g
砂糖 … 大さじ1
インスタントドライイースト … 5g
塩 … 小さじ1

ぬるま湯 … 160ml
サラダ油(容器に塗る用) … 適量

[具]

豚ひき肉 … 200(g)
エビ … 中5〜6尾
キャベツ … 1/8個

ニラ … 1/2〜1束
もみ込む塩 … 小さじ1〜2

[合わせ調味料]

白ネギ … 1/2本
土ショウガ汁 … 1片分
土ショウガみじん切り … 1/2片分

酒 … 大さじ1
塩コショウ … 少々
ゴマ油 … 大さじ1

片栗粉 … 大さじ1.5
打ち粉(強力粉) … 適量

[つけダレ]

酢 … 適量
しょうゆ … 適量
ラー油 … 適量

ユズコショウ … 適量
サラダ油 … 大さじ1〜2
ゴマ油 … 大さじ1〜1.5

◆変わり餃子の作り方◆

1. <皮>の下準備をする。
ボウルに強力粉、ドライイースト、砂糖を入れ、
ぬるま湯の半量を加えて菜ばしで混ぜ合わせる。

塩と残りのぬるま湯を加え、更に粉っぽさがなくなる
まで混ぜ合わせる。
手でボウルの粉を取りながら力を入れてこねる。

2. 生地が手につかなくなったら、薄くサラダ油を
からめて、固く絞った濡れ布巾で包む。
温かなところで20〜30分寝かせる。
(餃子の皮は、市販品でもOKです)

3. エビは殻を取り、半分の厚みに切り、背ワタを
取って塩水で洗う。
水気を拭き取り、粗いみじん切りにする。

キャベツはみじん切りにして塩をからめ、約10分位
おいてしんなりしたらもみ込み、きつめに水気を絞る。
ニラは細かく切って塩でもみ、しっかり水気を絞る。

白ネギは縦に8本位切り込みを入れ、みじん切りにする。


4. ボウルに豚ひき肉、エビ、キャベツ、ニラ、白ネギ、
<合わせ調味料>の材料を合わせ、よくこねる。


5. 台に打ち粉を軽く振り、寝かせておいた生地を
体重をかけながら滑らかになるまでよく練る。

赤ちゃんの肌の様に滑らかになったら、四角く平らに
のばし、3〜4等分に切る。


6. 台に打ち粉をして手で転がしながら、長さ20cm位の
棒状に伸ばす。
1本を10等分に切り分けて打ち粉をして切り口を上にし、
手のひらで丸く押しつぶす。


7. 麺棒を手前から中央に向かって転がし、手前に戻す。
この動作を生地を回転させながら5〜6回くり返し、
直径7cm位にのばす。
(大きくしても、小さめにのばしてもお好みで!)




8. 7の中央に<具>をのせてヒダを作りながら包む。
市販の皮に比べよく伸び、水はつけなくてもくっつきます。

又、作ってから時間が経つと水分が出てくっつくので
乾いた布巾に並べ、逆に表面が乾きすぎないように
上からも布巾を掛けておいて下さい。


9. フライパンにサラダ油を敷き、強めの中火で熱する。
餃子を並べて底がこんがりと焼けるまで1〜1.5分焼き、

餃子が1/3つかる位まで熱湯を入れ、蓋をして弱めの
中火で約4〜5分蒸し焼きにする。

ほとんど水分が無くなるくらいまで蒸し焼きにします。


10. 蓋を取り、強火にして水気を完全に飛ばし、最後に
ゴマ油を加えてカリッと焼き、焼きめを上にして盛り付ける。

好みに合わせた<つけダレ>をつけていただく。


◆ポイント

フードプロセッサーで作る場合・・・フードプロセッサーに
練り用の刃をセットして強力粉、ドライイースト、砂糖、

水80mlを入れ、カバーをして、スイッチを入れたり
切ったりし(パルス)し、全体にポロポロとした
状態に撹拌する。

次は連続して30秒位回転させていったん生地を混ぜ合わせ、
少し水を足してひとまとめになる位まで、更に20秒位
回転させる。

練り上がった生地はひとまとめにして丸め、
フードプロセッサーに戻し、モーターの熱を利用して
休ませる。

容器にラップを掛けて下さい。


表面はパリッと、中はジューシーに焼き上げると完璧です。
蒸し焼きにする水分が無くなったら、チリチリ音が
してきます。

この音が、水分が無くなったのでそろそろ蓋をとって
ゴマ油を入れてね!の合図です。


by「Yahoo!グルメ」



           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。