芸能人御用達の横浜中華街No.1の行列店のスペシャルセット





焼き 餃子 レシピ

本格的焼き餃子

パリッとした皮の食感と、中から出てくるジューシーなあんを
楽しむ。

香ばしい焼き色が食欲をそそる餃子の作り方。

◆焼き餃子の材料◆
(15個分)

餃子の皮…15枚(今回は市販品を使用)

豚ひき肉…200g  玉ねぎ…1/4

しょうが…1かけ    にら…1/2束 
  
キャベツ(白菜でもよい)…2枚 

にんにく…1かけ(お好みで使用してください)

塩…こさじ1/2  サラダ油…おおさじ1

・あんの調味料

こしょう…少々 酒…大さじ1 醤油…大さじ1/2 

ごま油…大さじ1 砂糖…少々

・つけダレ

醤油…適宜  酢…適宜  ラー油…適宜  

柚胡椒…適宜(好みで使用)

◆焼き餃子のあんの作り方

キャベツ(又は、白菜)は水洗いし、熱湯でさっとゆでてみじん切りにし、キャベツの水けをふきんなどで包みよく絞っておく。

「コツ」よく水けを絞ること、しっかりと水けを絞らないと水っぽいあんになってしまう。

玉ねぎはみじん切りに、しょうがはすりおろしておく、にらは水洗いをして、長さ1cm程度に切る。

ボウルに豚ひき肉と塩を入れ、粘りがでるまでよく練り、(あんの調味料)を加えてさらに練る。

参考」 豚肉は粗挽肉で脂身の比率3割程度を使う。

3に1のキャベツ(白菜)と2の玉ねぎ、しょうがおろし、にらを入れ、混ぜ合わせひとまとめにする。

「参考」 このみで、あんに、すりおろしたにんにくを入れてもよい。

「包んで蒸して焼く」

「コツ」 焼く前にフライパンを強火で煙が出るまで空焼きする、これをすることで食材がフライパンにくっつかない。
(鉄なべだけ)

「コツ」 水を入れるのではなくお湯を入れる!
お湯は餃子が少しつかる程度に入れる。

「コツ」の「コツ」蒸し方

◎水から入れると水が沸騰する間、水と皮がくっついている
時間が長いため、その分ベタベタとなる。

お湯を入れたら蓋をして火を全開にする。

◎水が無くなるまで、ダラダラと焼かない。
◎余ったお湯は捨てる。
◎蒸時間(目安時間) 

生餃子……2分   (参考)冷凍餃子……4分


2の蓋を取り、仕上げにサラダ油少量をたらして、
中火にしてこんがりと焼き色がつくように焼き上げる。

「参考」 仕上げに水溶き片栗粉を餃子の周りにかけて焼くと、皮がパリパリになる。

「参考」 餃子は裏、表の両面は焼かない、出来上がるまで最初の並べた状態のまま。

焼き上がったら、焼き色を上にして皿に盛り、(つけダレ)を
添えいただく。

「参考」 つけダレに柚胡椒を混ぜればピリッと引き締まった
味になります。

☆ 具材をいろいろ代えて作てみてください。

       以上 餃子作りの参考になると幸いです。


br「雲龍亭」


           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。