芸能人御用達の横浜中華街No.1の行列店のスペシャルセット





焼き 餃子 レシピ

もっちり焼き餃子

皮から作るもちもちの食感がたまらない!

◆もっちり焼き餃子の材料◆(4人分)

[皮]

 強力粉 … 200g
 ドライイースト … 2g
 砂糖 … 小さじ1
 ぬるま湯 … 100ml強

[具]

 豚ももかたまり肉 … 150g
 エビ … 3〜4尾
 塩(エビ用) … 小さじ1

 片栗粉(エビ用) … 小さじ2
 キャベツ … 1/8個
 ニラ … 1/2〜1束

 塩(キャベツ、ニラ用) … 少々
 白ネギ … 1本

[合わせ調味料]

 土ショウガ汁 … 1片分
 酒 … 大さじ1
 塩コショウ … 少々

 ゴマ油 … 大さじ1
 片栗粉 … 大さじ1.5

打ち粉(強力粉) … 適量
サラダ油 … 適量
ゴマ油 … 小さじ2

[つけダレ]

 酢 … 適量
 しょうゆ … 適量
 ラー油 … 適量


◆もっちり焼き餃子の作り方◆

1. <皮>の下準備をする。
ボウルに強力粉、ドライイースト、砂糖を入れ、ぬるま湯の
半量を加えて菜ばしで混ぜ合わせる。

残りのぬるま湯を加え、更に粉っぽさがなくなるまで
混ぜ合わせる。
手でボウルの粉を取りながら力を入れてこねる。


2. 生地が手につかなくなったら、薄くサラダ油をからめて、
固く絞った濡れ布巾で包む。
温かなところで20〜30分寝かせる。
(餃子の皮は、市販品でもOK)


3. 豚肉は包丁で細かく叩いて冷蔵庫に入れておく。

エビは殻と背ワタを取り除き、塩でもんで片栗粉を加えて
更にもんで、ぬめりが出てきたらきれいに水洗いして水気を
拭き取り、粗く叩いて冷蔵庫に入れておく。

キャベツはみじん切りにし、ニラは細かく刻み、各々塩をからめ、水気が出たら絞る。白ネギは粗いみじん切りにする。
<合わせ調味料>を混ぜ合わせておく。


4. ボウルに豚肉、エビ、キャベツ、ニラ、白ネギ、
<合わせ調味料>を加えて練るようによ〜く混ぜ合わせて
冷蔵庫に入れておく。


5. 台に打ち粉を軽く振り、寝かせておいた<皮>を手で
転がしながら、長さ20cm位の3〜4本の棒状にのばす。
1本を10等分に切り分ける。


6. 打ち粉をして切り口を上にして手のひらで丸く押しつぶし、麺棒で直径8cm位にのばす。
この分量で30枚くらい作ると、厚めでもちもち感がより出ます。ひかえめもちもちにしたい場合は40枚くらい作ってもいいですね。


7. 皮に(4)をのせてヒダを取りながら包む。
市販の皮に比べてよく伸び、水をつけなくてもくっつきます。

餃子は作ってから時間がたつと、水分が出てくっつくので、
乾いたふきんに並べ、皮が乾かないように、上からも
ふきんを掛けておいて下さい。


8. フライパンにサラダ油を薄く敷き、強めの中火で熱し、
餃子を並べて底がこんがりと焼けるまで1〜1.5分焼く。

餃子が1/3つかる位まで分量外の熱湯を加える。


9. すぐに蓋をして、弱めの中火で約6〜7分蒸し焼きにする。
次に蓋を取って強火にし、水気を完全に飛ばし、最後に
ゴマ油を加えてカリッと焼く。

お好みに合わせた<つけダレ>をつけていただきます。



◆ポイント

<皮>をフードプロセッサーで作る場合

フードプロセッサーに練り用の刃をセットして強力粉
ドライイースト、砂糖、水80mlを入れ、カバーをして

スイッチを入れたり切ったりし(パルス)し、全体に
ポロポロとした状態に撹拌する。

次は連続して30秒位回転させていったん生地を混ぜ合わせ、
少し水を足してひとまとめになる位まで、更に20秒位
回転させる。

練り上がった生地はひとまとめにして丸め、
フードプロセッサーに戻し、モーターの熱を利用して休ませる。容器にラップを掛けて下さい。

by「Yahoo!グルメ」

焼き 餃子 レシピ

本格的焼き餃子

パリッとした皮の食感と、中から出てくるジューシーなあんを
楽しむ。

香ばしい焼き色が食欲をそそる餃子の作り方。

◆焼き餃子の材料◆
(15個分)

餃子の皮…15枚(今回は市販品を使用)

豚ひき肉…200g  玉ねぎ…1/4

しょうが…1かけ    にら…1/2束 
  
キャベツ(白菜でもよい)…2枚 

にんにく…1かけ(お好みで使用してください)

塩…こさじ1/2  サラダ油…おおさじ1

・あんの調味料

こしょう…少々 酒…大さじ1 醤油…大さじ1/2 

ごま油…大さじ1 砂糖…少々

・つけダレ

醤油…適宜  酢…適宜  ラー油…適宜  

柚胡椒…適宜(好みで使用)

◆焼き餃子のあんの作り方

キャベツ(又は、白菜)は水洗いし、熱湯でさっとゆでてみじん切りにし、キャベツの水けをふきんなどで包みよく絞っておく。

「コツ」よく水けを絞ること、しっかりと水けを絞らないと水っぽいあんになってしまう。

玉ねぎはみじん切りに、しょうがはすりおろしておく、にらは水洗いをして、長さ1cm程度に切る。

ボウルに豚ひき肉と塩を入れ、粘りがでるまでよく練り、(あんの調味料)を加えてさらに練る。

参考」 豚肉は粗挽肉で脂身の比率3割程度を使う。

3に1のキャベツ(白菜)と2の玉ねぎ、しょうがおろし、にらを入れ、混ぜ合わせひとまとめにする。

「参考」 このみで、あんに、すりおろしたにんにくを入れてもよい。

「包んで蒸して焼く」

「コツ」 焼く前にフライパンを強火で煙が出るまで空焼きする、これをすることで食材がフライパンにくっつかない。
(鉄なべだけ)

「コツ」 水を入れるのではなくお湯を入れる!
お湯は餃子が少しつかる程度に入れる。

「コツ」の「コツ」蒸し方

◎水から入れると水が沸騰する間、水と皮がくっついている
時間が長いため、その分ベタベタとなる。

お湯を入れたら蓋をして火を全開にする。

◎水が無くなるまで、ダラダラと焼かない。
◎余ったお湯は捨てる。
◎蒸時間(目安時間) 

生餃子……2分   (参考)冷凍餃子……4分


2の蓋を取り、仕上げにサラダ油少量をたらして、
中火にしてこんがりと焼き色がつくように焼き上げる。

「参考」 仕上げに水溶き片栗粉を餃子の周りにかけて焼くと、皮がパリパリになる。

「参考」 餃子は裏、表の両面は焼かない、出来上がるまで最初の並べた状態のまま。

焼き上がったら、焼き色を上にして皿に盛り、(つけダレ)を
添えいただく。

「参考」 つけダレに柚胡椒を混ぜればピリッと引き締まった
味になります。

☆ 具材をいろいろ代えて作てみてください。

       以上 餃子作りの参考になると幸いです。


br「雲龍亭」

焼き 餃子 レシピ

カリカリ焼き餃子

◆焼き餃子の材料◆(4人分)

餃子の皮 … 40枚
豚ひき肉 … 150〜170g
白菜 … 1/6個

白菜にもみ込む塩 … 小さじ1
ニラ … 1束
ニラにもみ込む塩 … 少々

[合わせ調味料]

ショウガ汁 … 1片分
酒 … 大さじ1
塩コショウ … 少々

しょうゆ … 大さじ1/2
ゴマ油 … 小さじ2
片栗粉 … 大さじ1.5

サラダ油 … 適量

[つけダレ]

酢 … 大さじ2
しょうゆ … 大さじ2
ラー油 … 適量

◆焼き餃子の作り方◆

1. 白菜はみじん切りにして塩でもみ、約10分位おく。

水分が出たらきつめに水気を絞る。
ニラは細い小口切りにして塩でもみ、水分が
出たら水気を絞る。


2. ボウルに豚ひき肉、白菜、ニラ、<合わせ調味料>の
材料を入れ、よく混ぜ合わせる。


3. 餃子の皮を手に取り、2の種を大さじ1位のせ、皮の
フチに水をグルッと薄く塗り、しわをよせながら包む。


4. フライパンにサラダ油を中火で熱し、餃子を並べて底がこんがりと焼けるまで焼く。


5. 熱湯を餃子が1/4つかるくらいまで入れ、強めの
中火にかける。
蓋をして弱めの中火で約3〜4分蒸し焼きにする。


6. 蓋を取り、強火にして底の水気を完全に飛ばす。
サラダ油を少量、縁から流し入れ、カリッと焼き、
焼き面を上にして盛り<つけダレ>をつけていただく。



◆ポイント

エビを軽く叩いて一緒に混ぜ合わせると、プリプリした
食感が加わり、美味しいですよ。

餃子は作ってから時間がたつと水分が出てくっつくので、
乾いた布巾の上に薄く片栗粉を敷いて並べ、皮が
乾かないように上からも布巾を掛けておいて下さい。

餃子を作った日に食べない場合は、作ってすぐラップに
包んで冷凍にしておくと保存もききます


by「Yahoo!グルメ」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。