芸能人御用達の横浜中華街No.1の行列店のスペシャルセット





えび 蒸し 餃子 レシピ

えび蒸し餃子レシピ

◆えび蒸し餃子の材料◆

浮き粉を使った透き通った皮ですが、面倒な時は
普通の餃子の皮を使ってください。

中身の材料(小さいえび餃子32個分)
えび 225グラム (皮を除き、みじん切りにした重さ)
たけのこ 50グラム
(みじん切りにして約大さじ3+1/2)

醤油 小さじ 1/2
塩 小さじ 1/4
酒 小さじ 1

白胡椒 小さじ 1/8
胡麻油 小さじ 1/2
おろししょうが 小さじ1/4

コーンスターチ 大さじ1
卵白身 1個分
ねぎ(わけぎ・あさつき・万能ねぎ) 大さじ1

◆中身の作り方◆

全てをみじん切りにして、調味料も混ぜる。



皮の材料(32個分)

にらえびまんと同じ分量ですが、
えび餃子の場合は皮は薄く小さく作った方が美味しいです。

小麦澱粉(Wheat Starch)又は貫雪粉(浮き粉) 
*参照 150グラム 

タピオカ澱粉(Tapioca Flour,又はTapioca Starch) 
30グラム(無い時は30グラムの片栗粉で)

塩 小さじ1/2
熱湯 225cc
サラダオイル 小さじ1


◆皮の作り方◆

中サイズのボールに
小麦澱粉 150グラム、
タピオカ澱粉 30グラム(無い時は片栗粉で代用する)、
塩 小さじ1/2を混ぜ合わせる。

そこに熱湯 225ccと、サラダオイル 小さじ1を
入れ、手早くヘラで混ぜ、熱いうちに粉をふった台に出す。


熱いうちにすばやくお餅のように表面がスムーズで、
触った時軟らかく、指にくっつかない状態に
なるまで、捏ねる。


4つに分割し、それぞれ20cm(8 inch) の棒状に
なるまで手のひらで伸ばす。

それをさらに8つに分割して、乾燥しないように、
ラップで覆う。 

トータルで32個分の皮。


ワックスペーパーかベーキングペーパー
(Parchment Paper)を四角に切り(2枚) サンドイッチの
ように生地をはさんで上から平たいもの

(お鍋でも、包丁でも)を使って押さえると、殆ど
完璧な円形になる。

それを麺棒でさらに薄く直径10cmから11cmまで広げる。
フィリングを作る間、乾燥しないようにラップで覆う。

7〜8のひだを入れる。
皮の周り1/3はひだを入れないでおく。

入るだけ(小さじ2/3くらい)の中身を皮の端に
つかない様に入れる。 
端が半円形を描くようにしっかりと閉じる。
平たい台の上で少し押さえつける様に底を平らにする。

ふきんを敷いた蒸し器に並べて、沸騰したお湯で7分蒸す。
蒸し終えたら、火からはずしても数分は蒸し器から
取り出さない。

蒸し餃子ですが、蒸す代わりに普通の餃子の様にフ
ライパンで炒めて蒸しても美味しいです。

熱いうちにチリソースとお醤油でお召し上がりください。

by「えび餃子の作り方」


えび 蒸し 餃子 レシピ

えび蒸し餃子風レシピ

本来は浮き粉という透ける皮で作るえび蒸し餃子を、
ワンタンの皮でアレンジ。

香菜の香りがアクセント。

◆えび蒸し餃子風の材料◆

尾つきえび(小) 8〜10尾
むきえび 70g
鶏ひき肉 70g

玉ねぎ 1/2個(約100 g )
香菜 1〜2本
(なければ青じその葉 4〜5枚)

しょうが(親指大) 1/4かけ
ワンタンの皮 8〜10枚
レタスの葉 4〜6枚



片栗粉
しょうゆ


◆えび蒸し餃子風の作り方◆

1尾つきえびは、尾を残して殻をむく。
背に縦に切り目を入れて背わたを取り除いて開き、
塩、酒各少々をふる。

香菜は葉を摘む(なければ青じその葉は4つ〜5つにちぎる)。
ワンタンの皮はめん棒を縦横の方向にころがして、
少ししわができてひとまわり大きくなるくらいまでのばす。

2 具を作る。

むきえびは竹串などで背わたを取り、粗く刻む。
玉ねぎはみじん切りにし、塩少々をふってしんなりさせ、
水けをきってから片栗粉小さじ1をまぶす。

しょうがは皮をむいてすりおろす。
ボールに、むきえび、鶏ひき肉、玉ねぎ、しょうがと、

酒、しょうゆ各小さじ1、塩小さじ1/5を入れて、
手で混ぜ合わせ、8〜10等分にする。

3 具に尾つきえび、香菜、ワンタンの皮を順にのせる。
蒸気の上がった蒸し器の底にレタスの葉を敷き、餃子を
2cmほど間隔をあけて並べ入れ、強火で約10分蒸す。
(1個分46kcal、塩分0.4g)

by「えび蒸し餃子風」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。